1. ホーム
  2. 記事一覧
  3. 猛暑の不調は、おかずプラス1品で乗り切る!

猛暑の不調は、おかずプラス1品で乗り切る!

過酷な暑さが続く季節となりました。
この季節によく耳にするのが「夏バテ」。

体のだるさや疲労感、食欲不振などの不調が夏バテです。

 

暑さで食欲がなくなり、「毎日そうめんばかり...」という人も多いかと思います。

食欲はなくなる季節ですが、暑さでビールや炭酸飲料、アイスなどの冷たいものを飲んだり食べたりして、炭水化物や糖質に偏りがちになってしまいます。

 

栄養バランスが悪くなるので、夏バテもしやすくなります。

糖質は人間にとってエネルギー源となる重要な栄養素ではありますが、糖質ばかりを摂っていても体の中でエネルギーとしてうまく使われません。

 

そこで必要な栄養素がビタミンB¹です。

 

ビタミンB¹は疲労回復のビタミンと呼ばれることもあり、
肉、魚、大豆製品などおかずとしてよく食べられる食品に多く含まれています。

夏バテしてくると、麺類などの喉越しのよいものだけを食べて、おかずまで手が伸びないという人が多く、ビタミンB¹が不足しやすくなります。

ビタミンB¹は糖質をエネルギーに変換する働きがあるので、麺類やご飯、パンなどの主食と一緒に摂りたい栄養素です。

とはいえ、
暑い季節に火を使っておかずを作るのは億劫になりますよね。

 

そこでおすすめするのが、納豆や豆腐の活用です。

 

 

納豆も豆腐も大豆製品で、夏バテ対策に必要なビタミンB¹や体の材料となるたんぱく質が豊富です。

加熱せずにパックから出してそのまま食べられるので、
暑い季節でも手軽に食べられます。

冷奴に薬味やしらすを混ぜた納豆を乗せれば
1品完成します。

インスタントのお味噌汁に、納豆や豆腐を追加するのも手軽な方法です。

夏はそうめんばかりに偏りがち、という方はぜひ納豆や豆腐を1品プラスしてみてはいかがでしょうか。

 


この記事を書いた人

中西 由紀
管理栄養士 フードコーディネーター 雑穀エキスパート

短大にて栄養士免許を取得後、4年制大学管理栄養士専攻へ編入。 大学在学中にフードコーディネーターの資格を取得し、料理教室や雑誌などの料理撮影のアシスタント経験を積む。大学卒業後は、管理栄養士として社員食堂で勤務する傍らレシピ開発やコラム執筆などの活動を開始。その後、料理人のアシスタントや野菜の販売員を経験し独立。 現在は、雑穀でダイエットや肌荒れを克服した自身の経験や給食現場での大量調理経験を活かし、レシピ開発、献立作成、ダイエットや健康系のコラム執筆などを中心に全国で活躍中。