1. ホーム
  2. コンセプト / 開発者の想い

コンセプト /
開発者の想い

あたらしいごはん、あなたらしいごはん 食生活を大きく変えることなく、今まで通りに食べて、ちょっと違う日常になる。「ごはんのみらい」は、そんな主食です。米粉からできていて、見た目はお米。日本人がずっと親しんできた、馴染みのあるごはん。だから、今のあなたのライフスタイルに、ちゃんと寄り添える。いつもの食卓に、「ごはんのみらい」を。あたらしいごはん、あなたらしいごはん 食生活を大きく変えることなく、今まで通りに食べて、ちょっと違う日常になる。「ごはんのみらい」は、そんな主食です。米粉からできていて、見た目はお米。日本人がずっと親しんできた、馴染みのあるごはん。だから、今のあなたのライフスタイルに、ちゃんと寄り添える。いつもの食卓に、「ごはんのみらい」を。

開発者の想い
現代人のための新たな主食を

日本を代表する主食であるお米。
お米と同じ主食である麺類やパンが、米粉を原料にしたり、栄養素を加えたりと、
健康に配慮した新製品が次々と開発されている一方で、お米はお米のまま。
このままでは、食卓からお米が消えてしまうかもしれない。

「現代人のニーズに合った新しいお米をつくろう」そんな思いから、新たな主食づくりがスタートしました。

最初に取り組んだのは、原料選びです。
米粉と、お米由来の食物繊維をブレンドすることで、従来のお米に比べて、糖質は約半分に。
食物繊維は約1日分を含んでいます。
また、食べる人の健康状態に合わせて、鉄分やカルシウムなどの栄養素を加えられるようにしました。

次にこだわったのは、形です。
ブレンドした原料を一粒ずつお米の形にすることで、食べ慣れた食感を再現し、なおかつ、調理はお湯を注ぐだけ。
いつものごはんと同じように食べられて、いつものごはんよりも手軽。
そのときだけではなく、ずっと続けられる健康的な主食を目指しました。

さらに、現代人の健康課題にも目を向けることにしました。
偏った食事や自己流のダイエットなどで、身体に必要なタンパク質やビタミン、ミネラルが不足してしまう新型栄養失調。この課題を解決するため、栄養バランスのとれたレシピや健康に役立つ情報を提供し、食に関する疑問や悩みを、管理栄養士に直接相談できるようにしました。

より健康的な暮らしが送れるようサポートしたい。
自分に合った食や必要な栄養について考えるきっかけを提供したい。

そうして、「ごはんのみらい」は生まれたのです。

2022年度 グッドデザイン賞に選ばれました

この50年で消費量が半減している米を原料とし、新しい主食とすることを目指す取り組み。技術力によって糖質オフ、高食物繊維、個人に最適な栄養素といった現代的な新たなニーズに応えながらも、お湯だけで調理できる利便性も備えている。続けられる美味しさ、愛されるサービス設計など今後の展開を注視したい。日本ならではの代替食のあり方を模索する取り組みとして評価されました。