1. ホーム
  2. レシピ一覧
  3. 島袋有希シェフ監修 スパイスで炊き込むドライカレー

島袋有希シェフ監修 スパイスで炊き込むドライカレー

渋谷の複合施設JINNAN HOUSE内[茶空]の島袋有希シェフ。
過去には[オーバカナル]総料理長を努めるなどフレンチに造詣が深い彼が「ごはんのみらい」を使った本格アレンジを考案!

「ごはんのみらい」をスパイスで炊き込む

まずは鋳物ホーロー鍋など蓄熱製に優れた鍋に「ごはんのみらい」とスパイスをあわせる。今回使用するスパイスは、ターメリック、パプリカパウダー、エルブドプロヴァンス(南仏でよく使われるミックスハーブ)の3つ。

島袋シェフ

実際に使ってみて、『お米』とは微妙に違う、新しい食材という印象を抱きました。一人の料理人として純粋にワクワクするし、色んな可能性を感じます。

オリーブオイルを鍋に入れ、水と、だし汁を加えて混ぜ合わせる。舶来物のスパイスとは一見相反する「和」の要素だが、それぞれ異質な要素をミックスしてもきちんと調和する。

炊き上がったものがこちら。蓋を開けるや否や、スパイスの華やかな香りと、出汁のいい香りが一気に広がる!

島袋シェフ

親子丼とか炊き込みご飯も全然ありだし、逆にお米とは違う発想も面白いと思う。
ミネストローネとか、野菜たっぷりなスープに、浮き身として使ってもいいかも。
チキンのトマト煮込みに、ニョッキを足すような感覚でもきっと美味しい。

ドライカレーを作る

  • 熱したフライパンにひき肉を入れる。炒めるよりも、焼き付けるようなイメージで加熱する。

  • 全体的に火が通り、色が変わったら塩・コショウで下味をつける。

  • 一度フライパンからザルにあげ、余分な脂を捨てて、フライパンに戻す。

  • ニンニク、ショウガを加えて炒め、一口大にカットしたナスを加える。

  • スパイスを加え、全体的に馴染ませながら炒め、ヒヨコ豆を加える。塩、コショウ(それぞれ分量外)で味を整える。

盛り付け

炊き込んだ「ごはんのみらい」の上には、ドライカレーをたっぷりと。チーズとフレッシュトマトを上に乗せれば完成。

島袋シェフ

今回提案したドライカレーもそうだけど、和食だけではない、さまざまな可能性がある食材だと感じた。お米が食べたいけれど、糖質を控えたい人にはすごくいい。

材料

スパイスで炊き込むごはんのみらい

ごはんのみらい 2袋
ターメリック 2g
パプリカパウダー 2g
エルブドプロヴァンス 2g
だし汁(昆布や鰹節などお好みで) 90cc
60cc
ひとつまみ

ドライカレー

ひき肉 300g
ナス 2本
ヒヨコ豆 150g
ニンニク(みじん切り) 大さじ1
ショウガ(みじん切り) 大さじ1

スパイス

パプリカパウダー 大さじ1
ターメリック 小さじ1
エルプドプロヴァンス 小さじ1
オールスパイス 小さじ1
クミンパウダー 小さじ1/3
ナツメグパウダー 小さじ1/3
カルダモン 小さじ1/3
チリパウダー 小さじ1/3
小さじ1/3
コショウ 小さじ1/3
  • スパイスの分量は好みによって調整ください

トッピング

チーズ 適量
トマト 適量

初めてご購入される方は、栄養素診断が必要です。
いまの自分に必要な栄養素を診断しましょう。

栄養素診断して購入する
  • 商品は診断結果からご購入いただけます。
  • 2回目以降の方は、ログイン後商品一覧から商品をお選びいただけます。